美里ヒフ科 Dermatology + Medical esthetic

ニキビの悩み

ニキビについて

ニキビは「青春のシンボル」とも言われる若い人に多く見られる肌トラブルですが、大人になってからでも少なくありません。ニキビは生活習慣病で化粧品や紫外線、ストレス、喫煙などの様々な要因によってできます。ニキビがひどくなれば皮膚だけではなく心や生活や仕事に影響がでますので早期にしっかりとケアをしなければならない肌のトラブルです。

スキンケアでも予防のできる事がたくさんあります。私達はいつも治療前にカウンセリングを行っています。

効果のある治療

ニキビの形成は、表面より奥深くに皮脂を分泌する皮脂腺という袋からでてくる脂がストレスやホルモンのバランスによって過剰な分泌になることと、毛穴の先端部分の角質層が厚くなり毛穴がつまってしまうことからはじまります。

お顔、胸、背中の毛は毛が細かく短い為毛穴が閉じやすく毛穴の出口から皮脂腺までが奥深い為、毛穴の出口からスムーズに皮脂が排泄出来ないのです。

photo

そこに皮脂を栄養源とするニキビ菌(アクネ桿菌)が増殖してつまりを起こし炎症を起こしているのです。他にも表皮ブドウ球菌や真菌、ダニ類が繁殖していますが普段は無害です。ニキビもお顔の脂っぽさも、皮膚の中から湧き出してくるので、脂の分泌を抑えて毛穴のつまりをはがして、つまったものをなくしてくれるビタミンAや、同様に皮脂の分泌を抑えて、シミや色素沈着を治してくれるビタミンCを皮膚の奥まで超音波を使って送ってあげることで、表面の赤みも凹凸も皮膚の中のつまりも改善できます。

通常の皮膚より表面の盛り上がりが多い場合は、乳酸によるマイルドで刺激の少ない美白効果のある安全なピーリング剤で、表面を少しはがす治療が追加になる方もいらっしゃいます。

ニキビが出ていても肌荒れや乾燥の方もいらっしゃいますので、ピーリングは必要な場合のみ追加される治療です。

photo

むやみに擦ったり自分でつぶしたりすると色素沈着や肌荒れを起こして大きなトラブルになります。乾燥や荒れている場合は、超音波でビタミンA・ビタミンCで皮脂の分泌を止めて肌荒れを治し美白してあげることが肌に安全でかつ早く効果の出る治療になります。

西川ビューティーセラピストのアドバイス

ニキビは表面だけが気になりますが、皮脂の分泌は皮膚の奥深い脂の袋のせい。表面を取ろうと擦ったり潰したりすると、色素沈着ができて顔中真っ黒なシミが残ってしまいます。やさしく洗顔して、毛穴をふさぐオイルクレンジングや油の多いリキッドタイプのファンデーションをさけましょう。シミやニキビの痕を隠すために使っているコンシーラーも、毛穴にふたをしていて白ニキビをつくったり逆効果になってしまいます。

ニキビの方のトリートメントメニュー

超音波ビタミントリートメント
ポリッシングトリートメント

色素沈着

シミは顔の表面にあるのではなく、皮膚の中にある細胞の上にメラニンが付着したものです。顔の表面をタオル・ブラシ・スポンジ・垢すり・タワシ・ふき取り式クレンジングシートを使ってこすっていると、いつの間にか表面が黒くなってきます。ニキビを擦って治そうとすると真っ黒になります。これは、メラニンのシミではなく色素沈着です。例えば、プロック塀に手や足が軽く当たってしまった場合に一度赤くなったものが後に黒くなったというものと同じです。顔だけではなく手や背中、脇などでも擦った場所に起こります。